ブランド買取で起業するならフランチャイズ?自分で?

2018/11/24

ブランド買取店の競争の現状

 

 

 

2018年の現在、ブランド買取店の競争が激化しており、閉店するお店が目立ちます。

 

 

乗降者数が8万人を超える駅のすぐ近くでブランド買取店をしておりますが、

 

 

過去2年間で同じ街の買取店が5店舗閉店しました。2年間で新しくできた店は1店舗だけです。

 

 

 

 

また、ブランド買取店の経営者や訪問買取の経営者の話を聞くと、

 

 

多くが厳しいとの答えが返ってきます。

 

 

 

 

しかし、競争が厳しい中でも舗増やしている会社もあるのも事実です。

 

 

 

 

ブランド買取はドル箱と言われていた時代もありますが、

 

 

しっかりと利益を上げている会社と閉店に追い込まれる会社の二極化が進んでいる印象を大きく感じます。

 

 

これからその二極化がさらに進んでいくことが予想されます。

 

 

 

 

これから買取店を始めるなら、他店との競争で勝てる実力が必要になります。

 

 

 

 

ブランド買取店の経営で重要なこと

 

① 販売方法

 

ブランド品や時計を買取した後にどこで販売するかによって大きく利益が変わります。

 

 

買取した後の主な販売方法として

 

 

・店頭での小売り

・フリマアプリやネットオークションでのネット小売り

・古物業者のオークション

・国内・海外のバイヤー

 

の4つがあります。

 

 

この4つの販売方法がありますが、業者オークションやバイヤーによっては販売価格が大きく変わります。

 

 

販売力があるバイヤーと取引することや商材にあったオークションを選ぶことで利益額が大きく変わります。

 

 

小売りやネット小売りよりも高く買取するバイヤー存在します。

 

 

どこで売っても価格はあまり変わらないと言われておりますが、

 

 

知っているか知っていないかで大きく差がでます。

 

 

販売先の部分ではフランチャイズでもそうでなくてもあまり変わりませんが、

 

 

強い業者と提携していたり、本部が業者の古物オークションを開催しているなど、

 

 

本部が販売に強いとその分のメリットはあります。

 

 

強い業者を知っていたり、強い行はオークションを知っていたら関係ありません。

 

 

② 真贋方法

 

真贋方法でも買取店に大きく差がでます。

 

 

時計や高級ジュエリー、エルメスのバーキンなどの高級商材を見分けられるか見分けられないかで売り上げは大きく変わります。

 

 

真贋の力も会社自体の持っている情報や知識が異なり、真贋の力が無いと買い逃しやコピー商品を買取してしまいます。

 

 

フランチャイズの多くが本部のサポートを受けれますので、真贋の部分ではフランチャイズの方が得する(損をしない)ことが多いです。

 

 

 

③ 資金

 

資金が多ければ大きいほど買取はしやすくなります。

 

 

査定額が数百万円になることもあり、資金が無くて買い逃しをしたり、

 

 

怖くて買取できなかったなど資金が少ないと良いことがありません。

 

 

フランチャイズの会社によっては資金サポートをしてくれるところもあります。

 

 

資金が潤沢にあるのであれば必要ないですが、資金が少ないならフランチャイズの方がオススメです。

 

 

 

④ 集客

 

買取店が閉店する一番の理由が集客ができないからです。

 

 

・ホームページの作成からSEOで上位に持ってくる

 

 

・グーグル広告の運用

 

 

・SNSの使用方法

 

 

・折り込みチラシ

 

 

などありますが、どれも専門的な知識や経験や必要です。

 

 

 

フランチャイズのメリット

 

フランチャイズのメリットは上げたらキリがないのですが、

 

 

一番は相談できたり頼れる存在があることです。

 

 

僕は裸一貫で知識なし、経験なしでブランド買取を始めましたが、

 

 

もし起業をする前に戻れるならフランチャイズを選ぶと思います!

 

 

 

 

①店舗の立地、デザインなどを相談したり提供してもらえる。

 

 

ブランド買取店を始める半分の人はブランド買取店で働いた経験があると思います。

 

 

買取ができるのと経営は全く別物で、店舗を作る助けをしてもらえるのは大きいです。

 

 

 

 

②買取のサポートをしてもらえる

 

 

査定をしてもらえたり、フランチャイズ本部が買取保証額をつけてくれたりと、

 

 

失敗するリスクがなくなります。

 

 

③資金繰りを助けてもらえる

 

 

店舗で売る商品を無料で貸してくれたり、

 

 

大きい金額の買取があった際はサポートしてくれるフランチャイズもあります。

 

 

④集客

 

 

ホームページを作成し、集客できるようにするためには素人では難しく

 

 

費用も100万円を軽く超えるなど難しいです。

 

 

フランチャイズの場合はプランの中に含まれていることが多く、

 

 

フランチャイズ本部が集客を手伝ってくれます。

 

 

 

 

フランチャイズのデメリット

 

①費用がかかる

 

 

フランチャイズのデメリットは良い時でも悪い時でも

 

 

契約金や月々のフランチャイズフィーを支払わなければいけません

 

 

②自分の考えたお店にできない

 

 

店舗の看板デザインやホームページなどはその会社の意向に沿わなければいけないため、

 

 

独自の戦略ができない。

 

 

 

 

フランチャイズに向いている人・そうでない人

 

フランチャイズに向いている人

 

 

買取の知識や経験はあるが、経営をしたことが無い人はフランチャイズで起業することをオススメします。

 

 

フランチャイズに向いていない人

 

 

他の業種などで経営の経験があり、会社としての母体がある人は

 

 

フランチャイズではなく自分で始めることをオススメします!

 

 

 

 

どこのフランチャイズを選ぶと良いか

 

 

ブランド買取のフランチャイズでも会社によって費用・プランなど様々です。

 

 

確認するべきポイント

 

 

①知名度

 

 

フランチャイズの一番のメリットは知名度です。

 

 

店舗数が少なく知名度が無い会社でフランチャイズをするのは

 

 

フランチャイズのメリットが半分になるようなモノです。

 

 

 

 

②ネット集客が強いか

 

 

現在もそうですが、これからもインターネットでの集客ができるかどうかが成功への分かれ道です。

 

 

「ブランド 買取 その地域」で調べ、

 

 

上位に表示される買取店はインターネット集客に力を入れていると見て良いでしょう。

 

 

 

③販売方法の縛り

 

 

買取した商品を本部へ強制的に販売をしなければいけない会社もあります。

 

 

資金繰りで厳しい時に本部に売れるのは助かりますが、

 

 

強制的に本部に売らなければいけないのはデメリットでしかありません。

 

 

 

 

④費用

 

 

最初の初期費用はもちろんですが、月々かかる固定費は必ずチェックするポイントです。

 

 

フランチャイズフィーだけでなく、広告宣伝費や販促費、サポート費用など会社によって様々です。

 

 

しっかり月々どれくらいかかるのかをしっかり確認しましょう。

 

 

 

 

まとめ(結論)

 

 

JDSではブランド買取店を始めるならフランチャイズで起業することをオススメします。

 

 

 

 

その中でも費用もトップクラスに安く、関東で圧倒的知名度がある銀座パリスをオススメします。

 

 

 

 

 

関連記事

本物と偽物のブランド品の鑑定は買取店でしてもらえる?

ブランド品の本物と偽物の見分け方|鑑定士が見ている箇所

ブランド品鑑定士になる方法|あると良い知識・資格

古物市場の業者ブランドオークションとは【古物商限定】

ホームページトップ